注文住宅で良かったこと、反省したこと

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

注文住宅の設計で、2階のベランダの手すりを3段にする事によって、
布団が楽に安定させて干せると思い、3段にしました。
新居で布団を干す事を楽しみにしていました。

しかし、気分よく干せたのは最初の方だけでした。

手すりを6メートルほどにしたのですが、それが3段もあると拭くのが大変です。
面倒くさくてそこに布団を干さなくなりました。
見るたびに無駄な物があるというストレスを感じるようになりました。

また、これも住んでからわかったことなのですが、寝室を広くしすぎると寒いです。
9畳は広すぎました。

エアコンはありますが、暖まるのに時間がかかります。
間切りを作ってなんとか対応しています。
広い部屋にあこがれていたので、すべての部屋を広めにしたのですが、
寝室だけはすぐ寝てしまいますし、狭くて良かったです。

もう少し気密性の高い家づくりにしておけば良かったと思います。

そのぶん家の値段が安いのですから、エアコンをつければ良いのですが、
エアコンをつけるまでが寒いと感じるのも嫌ですし、エアコンの乾燥した風や、
夏場のカビ臭い風が嫌なので、出来ればエアコンをつける機会が少ない
気密性の良い住宅が良かったです。

気密性が悪くて広い住宅だと本当に寒いです。
特に風呂上がりが寒いです。

逆に、嬉しかったことを挙げると、
シューズクローゼットや人感センサーのライトは付けて良かったと思います。
シューズクローゼットのおかげで、靴でごちゃごちゃにならずに
スッキリした感じになりました。
外に人感センサーのライトをつけると防犯対策としても良いです。
スイッチを手でつけるのが省けるだけですが、とても楽になった気分です。

住環境って、少しの改善で大きく違うように感じるものだと思いました。
意外と暗闇で電灯のスイッチを手探るのは神経を使い面倒なものでした。

お風呂のサイズが少しうっかりしました。
子供が増えると子供二人と一緒にお風呂に入ると、かなり狭いです。
子供と一緒に入る時期は短い年数ですが、一人で入るようになると、
無駄にお湯をたくさん入れる事になるので、お風呂のサイズは難しいです。
将来、サイズの変えられるお風呂が出来ると良いですね。

京都のおすすめ住宅会社はこちら       

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.