我が家がカーテンで失敗したこと

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

我が家はカーテン選びで失敗したことがあります。

子供部屋のカーテンは既製品の長さでかつ、
通常のレースカーテンとカーテンだけで問題なかったのですが
失敗したのはリビングのカーテンでした。

昼間は問題ないのですが、リビングの横に寝室を設けており、
乾燥を防ぐために扉を開けて寝ることにしています。
また、冬場は比較的寒いと言う背景を前提としてお話ししていきます。

まず、光の面です。
夏場は非常に光が差し込み、明け方もかなり光が差し込むので
本来であればレースカーテンに遮光カーテンを組み合わせて調達すべきだったのですが
通常のカーテンを購入してしまったので明け方どうしても光を通してしまい
かなり明るくて目が覚めるようになってしまいました。

また、比較的薄い素材を購入しましたので、冬場が思った以上に寒いと言うのも問題です。
ここで素材にこだわって、かつ遮光カーテンを購入しておけば全く問題はなかったのです。

逆にレースカーテンについてはこだわってしまい、
夏場と冬場の温度差が激しいため結露が多く、
カビがつきやすいにもかかわらずこだわったところは失敗だったと思います。
場合によってはレースカーテンはあまりコストをかけず、
買い替えを前提にした選択もあったのではないかと思います。 

結果的にはそうでなくても既製品では長さが合わないので
オーダーで遮光カーテンを作り直すことになりました。

レースカーテンも比較的安価なものに買い換えて
今は定期的に買い替えても良いかと言うポリシーに変えています。

皆さんも住宅を建てる際にカーテンは必需品だと思いますが
どのような環境で生活するのか、どのような影響があるのかを
シミュレーションした上でカーテン選びをすることをお勧めしたいと思います。

結果的に生活に不備があればコストをかけてでも
買い換える必要があるなど面倒なことになります。

そして、毎日利用するものですからデザインにもきちんとこだわった上で
選ぶことをぜひともお勧めしたいところです。 

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.