家にインナーガレージをつくって良かったこと

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

家を建てる際、車を停める場所を別に確保すると場所を広く取らないといけないため、
インナーガレージを作ることにしました。

車は高価なものです。
しかし、そのまま吹きさらしにすると汚れやすかったり、いたずらをされやすく
きちんと管理しないと余分な出費が増えて困ると思ったからです。

インナーガレージであれば、乗り降りの際雨に濡れる心配もありませんし
カバーをかける必要もありません。
ただし、インナーガレージは車を置いても人が通れるスペースにしないといけないため
どの程度の大きさになるのか把握しないといけません。

間取りを決める際は、図面とにらめっこしながら
動線に合わせて調整をしました。
特に、インナーガレージは1階にするため、他の部屋をどのようにするか
決めるのが苦労しました。

また、ガレージの高さですが、車高に合わせて余裕があるようにしないといけないため
事前に購入する車をイメージして決めることが大事です。

決めるまでに苦労することもありましたが
インナーガレージにしたことで、いたずらや盗難のリスクを減らせ
愛車を管理しやすくなりました。

また、わざわざ駐車場を借りる必要があく
車体を磨いてキレイにしやすくなったのものメリットでした。

さらに、ガレージの内部は車を停める事だけでなく
趣味で使うバイクや道具を置いて物置のようにも使えて便利です。
物置は別に購入すると値段が高く、収容できるスペースも限られますが
インナーガレージであれば取り出しやすいです。
また、家の入口にすることも出来、すぐに出入りがしやすいので
急いでいる場合に車を出しやすいです。

ただし、シャッターを付けないと盗難のリスクがあったり
雨水が入りやすいので、キチンと密閉できるようにしないといけません。

インナーガレージは、土地の価格が高くても
場所を取らなくて便利で、2階に部屋を作りやすくなって効果的です。

気になる点としては、エンジンやシャッターの音が響きやすく
ガレージの上の部屋は地響きがして困りました。

しかし、インナーガレージは作ると安心して車を置けますし
鍵れられたスペースを有効活用できるので、取り入れて
良かったと思います。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.