子供部屋、どうする?

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

私達夫婦が注文住宅を建てると決意した際、
まだ夫婦2人で暮らしていて子供はいませんでした。
しかも出来る予定もなかったので、子供部屋はどうするかで少し悩んだ事があったのです。

結局話し合った結果、まだ子供を作る具体的な予定はなかったものの
将来的には欲しいという意見で一致しました。

なのでまだ存在していない子供のために、部屋を確保しておこうという流れになったのです。

とはいえ部屋を確保する事は決めた後も、場所を何処にするかで今度は悩む事になりました。

最初はリビングの近くに子供部屋を作れば、ある程度大きくなってから
子供を見やすくなるとか考えたりもしたのです。

ですがリビング近くだと子供が勉強する際にうるさくて集中し難いと考え、
結局1階のリビング近くではなく、無難に2階に配置する事に決めました。

こうして子供部屋の場所を決めた後は、
今度は広さをどうするかという問題を考える事になったのです。

私自身は当初、子供が出来てもせいぜい1人だろうから6畳程度の部屋を
1つ確保すれば良いと考えていました。
ですが妻の方はどうせ子供を作るなら、2人は欲しいという考えを持っていたのです。
子供を2人作り、彼らが大きくなったら子供部屋が2つ必要になります。
現状1人も子供がいないのに、先走って子供部屋を2つも確保するのは、
無駄ではないかと私は考えていたのです。
だからこそ妻と話し合った末に、子供が2人出来た時の事を考え
10畳の部屋をまずは1つ確保する事にしました。
そうして小さい頃はその部屋を共同で使用させて、ある程度大きくなったら
仕切りを作って2部屋に分けるという方法を行う事にしたのです。
こうすれば万が一子供が1人しか出来なかった場合でも、
仕切りで作ったもう片方の部屋をゲストルームにする事も出来ます。

こうして我々夫婦は、子供がいない時から出来る事を想定して、
注文住宅の設計を行ったのです。

そうして結果的には注文住宅が完成した後に、2人の子供が誕生しました。

なので先を見越す形で、最初から子供部屋を用意しておいて本当に良かったです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.