光熱費を節約しようと考えている方へ

エコ住宅の触れ込みで太陽光パネルやエコキュート、エネファーム、
自然の力を組み入れた冷暖房といった提案があると思います。

実際にこのような構造を利用した結果、ある程度の補助金を得られたり
イニシャル面でコストがかかってもどれだけの期間で取り返すことができると言う
シミュレーションも提案があるでしょう。

しかしながら、あくまでもシミュレーションであり、
10年や20年で本当にイニシャルコストを賄うことができるかなど分かるはずもありません。 

ですからお勧めしたいのはあくまでも生活を始めた後に
どのような光熱費の節約ができるかを実生活でシミュレーションすることです。

もちろん、夏は涼しく、冬は暖かい構造を作ることが重要だと思います。

例えばリビングは太陽光が当たる向きに、
電気代を節約するのであれば洗濯ものはできるだけ
日が当たる時間が長い場所に干せるような庭を作る、
冷暖房は効率よく稼働するように吹き抜けのスペースを少なくするといったことが
重要ではないかと思います。
また、実際に生活を始めてから電気代を節約するためには、
あらゆる部屋を利用するのではなく家族が極力1つの部屋で生活できる設計を心がけること、
冷蔵庫には詰め込みすぎない、逆に冷凍庫はすぐに冷えるように多く詰める、
あらゆる電力は主電源から切ることにして節約を心がけるといったことで
かなりコストダウンを図ることができると思います。

そして、イニシャルコストはかかるかもしれませんが
光熱費が見える化できるようなシステムを導入しても良いでしょう。

実際にどれだけコストダウンできているか、今のコストダウンが正しいのか
どうかが明らかに電力量などで見えるようにしなければ正しいかどうかが分かりません。

家族全員で今月の電気使用量やガスの使用量がどの程度なのか、
まだ削減することができるかなどを考えながら生活することが
最も効率的な節約だと言えるでしょう。

このような地道な毎日の繰り返しが最も効率的です。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.