リノベーション中古住宅

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

実は2年半ほど前に、都内の比較的便利な地域に
中古のマンションを購入しました。
中古マンションといっても全くの中古物件ではなく
リノベーション付きのマンションということで、
表向きは全くの新築同様の姿であり、
それにリノベーション自体にある程度の購入者の希望を汲んだ
マンションという事になります。

何故このようなリノベーション付きマンションを購入したかといいますと、
建物自体も50年以上と古く、室内はもとより水周りの仕様や造作が
かなり時代的にも古くなっていたということもあります。
それに大家さんが建て替えるにしても
取り壊しから新築までの費用は莫大になるということでした。

また、私たち購入者であるお客側からしても、
新築物件の相場の半値半額以下で購入出来るという
最大級のメリットがあったからです。
そして、私たちが特に希望注文したのは
日常的に使用する水周りのトイレ、お風呂場、それに洗面所の造作で、
洗面所の洗面台や便器も最新式の便器など特注しました。

ところで、最近ではリフォームに代わって
「リノベーション」という言葉をよく見聞きします。
一言で言うなら、リフォームは家の部分的な改装をさしますが
リノベーションというのは家の内部そのものを大幅に改築、改造、
造作してしまうもので、其の目的は色々有りますが
主に空き家対策として用いられるケースが多いようです。

特に、都会では古くなった空きマンションが中々処理できないという事が
問題になっていいるようで、これも室内をリノベーションして
時代にマッチした生活様式に変更してしまうというやり方です。
この新たなリノベーション方式によって、
賃貸なら今まで中々借り手が無かったものが、
次々と借りてが付いたとか、分譲のマンションの場合は
中古でリノベーションを施した場合は、新築で買うより
かなり安い値段で買取ることも出来るというメリットがあるとされています。

いずれにしても、リノベーションというのは
新たな時代にマッチした考え方から具体化されるもので、
特に、最近の若者にはそのことが大いにウケて、
空き家対策の一助にもなっているそうです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.