夫婦で相談しながら決めたキッチン

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

住宅を設計するにあたってキッチンはいろいろ相談しながら
夫婦で決めていきました。
そのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

まずはリビングダイニングとキッチンの
境目を対面式にするところ。
これは子供がある程度大きくなっているとは言いながらも
利便性を考えた上で必要だと言うことで採用しました。

結果的には、子供たちもキッチンとリビングダイニングの境目が
なくなったことで、食材の出し入れ、食器の後片付けなどの
手伝いを行いやすくなっています。

次にキッチンの高さです。
私自身はそれほど身長は高くないのですが
家内や子供たちの身長が170センチを超えると言うこともあり
日本人の標準の高さよりも比較的高い設計にしてもらいました。
友人たちが我が家に来ても高さに驚いているほどですが、
我が家としては非常に利用しやすいと考えています。

次にIHにするかガスにするかの問題でした。
結果的にはガスにしたのですが、
これにも他の要素を踏まえて決めました。
住宅会社からの提案で電力をガス会社にしたほうが
トータルで安くなると言う話があったのです。
個人的にはもちろん、ガス、電力どちらかに
まとめた方が良いと思っていましたが、
シミュレーションの上こちらのほうが
安いと言うことで選択をしました。

また、料理を行うことが多いので今度の口数は4つに設定。
さらに、大きなオーブンレンジトースター、
コーヒーメーカーなどを置くことができるよう
キッチンの幅をかなり広くしたことがポイントです。
結果的にダイニングが狭くなりましたが、
リビングダイニングセットでの利用を考えると
それほど気になりません。

むしろ、キッチンを家族でうろうろしている時間が長いので
2人がすれ違って歩くことができる程度のスペースがあって
良かったと思っています。
なかなか、ここまでシミュレーションを行った上で
全て設計できたかどうかというと疑問ですが、
結果的にはある程度考えながら進めた事は
間違いではなかったと思っています。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.