つくって良かったサンルーム

皆さんの体験談をご紹介☆

*****************************************************************************************************

家を建てるときは洗濯物を干しやすい状況にすることを考え、
サンルームを広めに作りました。

洗濯は衣類や布団などを洗ってにおいが付かないように乾くようにしたいので、
太陽が当たりやすいよう南向きにすることを決めて良かったです。

広くするとどうしても費用がかかりますが、
洗濯機を置いたりバルコニーのような感じにすると有効活用できます。

また、洗濯物は梅雨の季節になると乾きにくくて困りますが、
サンルームを広くすると天候を気にせずにできて便利です。

サンルームは2階にすると洗濯物を中に干せるため盗まれる心配もなく、
天気が良ければ換気をすれば風通しが良くなります。

室内で洗濯物を干すときはじめじめするとにおいが付きやすくなりますが、
サンルームを個別に作ればこのようなことがなくて良かったです。

室内には洗濯機やテーブル、洗面台を置き、落ち着いた雰囲気になるように
白を基調にすると快適に作業をしやすくなりました。

サンルームを作ったきっかけは天気が悪いときにも洗濯ができるようにすることや、
ほかの部屋に音やにおいが漏れないようにするためです。

また、南向きに窓を作れば日差しが強くじめじめすることを防げ、
スペースがあれば干す場所を作れて有意義に使えます。

洗濯物は家族の人数が増えたり子供が成長すると量が多くなり、
サンルームの広さをきちんと決めないといけません。

室内干しはにおいが付きやすいことが悩みですが、雨が続いてもすぐにできて便利です。

また、家に誰もいないときはサンルームがあればそのまま干せ、
盗まれる心配をせずに済むため安心できます。

ただし、家全体の間取りを考えるときはバランス良くしないといけないため、
設計図を見て動線に合わせて決めることが重要です。

サンルームは窓が大きくて明るくなり、洗濯物を干すこと以外に
太陽光を浴びるためにも使えます。

このため、サンルームを個別に作ることで快適な生活ができ、
雨が降っても心配せずに済むようになって良かったです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

© 2021 家づくりは奥深い! | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.